お問合せ 削除依頼


画像クリックで原寸大表示
投稿日:2016/03/07 13:10

タコ

投稿者 [no name]      
投稿一覧

プロフィール


すべての投稿

トップページ


  

ツイッター、フェイスブックでログインする事により投稿できます



複数の吸盤がついた8本の触腕を特徴とする。一般には「足」と呼ばれるが、学術書などでは「腕(触腕)」と表現されることが多い(英語でも arm [腕]と呼ぶ)。 見た目で頭部に見える丸く大きな部位は実際には胴部であり、本当の頭は触腕の基部に位置して眼や口器が集まっている部分である。すなわち、頭から足(触腕)が生えているのであり、同じ構造を持つイカの仲間とともに「頭足類」の名で呼ばれる理由がここにある。
その柔軟な体のほとんどは筋肉であり、ときには強い力を発揮する。
高い知能を持っており、一説には最も賢い無脊椎動物であるとされている[1][2]。形を認識することや、問題を学習し解決することができる。例として、密閉されたねじぶた式のガラスびんに入ったえさを視覚のみで認識し、ビンの蓋をねじってえさを取ることができる。また白い物体に強い興味を示す。身を守るためには、保護色に変色し、地形に合わせて体形を変える、その色や形を2年ほど記憶できることが知られている。[3]また、1998年には、インドネシア近海に棲息するメジロダコ(en。右列に関連する画像あり)が、人間が割って捨てたココナッツの殻を組み合わせて防御に使っていることが確認され、2009年12月、「無脊椎動物の中で道具を使っていることが判明した初めての例」として、イギリスの科学雑誌『カレント・バイオロジー (Current Biology) 』に掲載された[4][5][6][7](これに先行すること数ヶ月、テレビ番組[8]では特集が組まれ、二枚貝の貝殻や持ち運び可能な人工物を利用して身を守る様子が詳しく紹介された。動物の道具使用については別項「文化 (動物)」も参照のこと)。
血液中にはヘモシアニンという緑色の色素が含まれており、そのため血液は青く見える。ヘモシアニンは魚類のもつヘモグロビンに比べ酸素運搬能力に劣るため、長距離を高速で移動し続けることができない[9]。さらに、海水のpH濃度にも影響を受けやすく、海水が酸性化すると酸素運搬能力が低下してしまう[10]。
オスは4本の腕の吸盤の大きさがメスに比べてばらつきがある。8本の触腕のうち1本は交接腕と呼ばれ、先端が生殖器になっている。これがメスの体内に挿入され精莢が受け渡されることで受精が成立する[11]。
危険を感じると黒い墨を吐き、姿をくらます。タコ墨はイカ墨より美味しくないため料理に適さないと言われるが、実際はタコ墨の方が旨味成分であるアスパラギン酸やグルタミン酸等のアミノ酸を豊富に含む。タコ墨が料理にあまり用いられないのは、イカ墨と比べて墨汁嚢が取り出しにくく、さらに一匹から採れる量もごく少量であことが理由である[12]。
外敵に襲われたとき、捕らえられた触腕を切り離して逃げることができ、その後、触腕は再生するが、切り口によって2本に分かれて生えることもあり、8本以上の触腕を持つタコも存在する。極端なものでは日本で96本足のあるタコが捕獲されたことがあり、志摩マリンランドに標本として展示してある。
マダコでは自分の触腕を食べる行動が観察されている。この行動は何らかの病原体によって引き起こされると考えられており、触腕を食べ始めたタコは数日以内に死亡する[13]。
タコの吸盤は、たいていのものにはくっつくことができる。切断された腕であってもその活動は約1時間続き、動いたり物を掴むことができる。しかし、タコの吸盤は切断されたものであっても自分の体にくっつくことはなく、この原理については良く分かっていない。但しタコの皮膚を取り除き、同じタコの腕を切断して近づけると、その腕の吸盤は皮膚を除去した部分に吸い付いた。また皮膚を貼り付けた物体に、切断されたタコの腕を近づけると、その部分にはくっつかず、皮膚のない場所にはくっつくという現象が確認できることから、皮膚に何らかの自己認識機構が存在するという説がある[14]。
寿命は短く、多くの種は1年程度である。産卵の時期によったりストレスのない状態ではは1年半から2年生きるのもいる。 陸に打ち揚げられても30分程度は生きることができ、自由に行動ができる。まれに自ら水辺にはい出して獲物を捕獲することがある。wikipediaより





pytalovd.com