お問合せ 削除依頼


画像クリックで原寸大表示
投稿日:2016/03/07 13:08

アイマック

投稿者 [no name]      
投稿一覧

プロフィール


すべての投稿

トップページ


  

ツイッター、フェイスブックでログインする事により投稿できます



それまで市場で販売されていたデスクトップ型のパーソナルコンピュータは、機能の優先や拡張性の確保のため、箱形の筐体をしたものが多かった。これはPC/AT互換機に限らずアップルの製品でも同じで、iMac発売当時に並販されていたPower Macintosh G3 DT, MTも箱形のデザインであった。また筐体色に関してもアイボリーやブラックといったものが多かったが、一方で1997年に発売を開始したソニーのパーソナルコンピュータVAIOにおいてバイオレット(紫色)が用いられ「VAIOカラー」[4]と呼ばれるなど、パーソナルコンピュータのデザインや色が着目され始めた時期でもあった。
iMacが発表された際には、白と半透明のグリーンを使った「色」、箱形を脱して曲線を多用した「形」、また当時コンピュータを買う目的の一つであったインターネットへ接続するまでの購入時・後のユーザーの煩雑さ(周辺機器の購入や接続)低減に効果のあったディスプレイやキーボード、マウス、モデムといった周辺機器の内蔵もしくは付属によって、製品を箱から出して付属のコード数本を繋ぎ、電源を入れた後に通信契約を行えばインターネットへ簡単に繋げることができる「シンプルさ」が着目され、メディアでは「斬新なデザイン」と評された。wikipediaより





pytalovd.com