お問合せ 削除依頼


画像クリックで原寸大表示
投稿日:2015/07/06 21:40

イルカ

投稿者 [no name]      
投稿一覧

プロフィール


すべての投稿

トップページ


  

ツイッター、フェイスブックでログインする事により投稿できます



イルカは体重に占める脳の割合(脳化指数)がヒトに次いで大きいことから、イルカの知性の潜在的可能性が古くから指摘されており、世界的にも数多くの研究者の研究対象になり、世間一般からも興味の対象とされてきた。 ただし、イルカの脳はサイズは大きいものの、グリア細胞の割合が多く、ニューロン自体の密度はそれほど高くない。ただしニューロンの密度をもって知性が劣ると言い切れるのかは定かではない。従って、脳のサイズのみから知性のレベルを判断するのは早計である。
仮にイルカがヒトに匹敵する密度のニューロンを持てば酸素要求量が増し、長時間の潜水は困難となる。また肺を肥大化させると運動能力が犠牲となるため、現在の脳に最適化されたと考えられている。イルカが人間と同様の知性を持つ、あるいは人間以上の知性をもった存在として描かれる作品は多数あるが、いずれもフィクションであり、科学的根拠は確認されていない。
肉体的な見地からイルカの脳は人間のように十分に活かされていないとする見解もある。イルカの脳は高性能だが、人のようなよく動く指も足もない。肉体的に人ほど優れていないゆえ、十分に脳が活用されるに至らなかったとする見解である[2]。脳は使う体の部位によって発達がほどこされ、使わなければ、それに関連した脳の部位も衰える。その為、人より優れたポテンシャルを秘めながらもイルカの脳は「宝の持ち腐れ」と化していると主張する研究者もいる[3]。つまり、指や足を退化させた分、イルカの脳は人より活用しなくなってしまった部位もあるという事実である。
また、イルカは高い周波数をもったパルス音を発して、物体に反射した音からその物体の特徴を知る能力を持つ。更にその特徴を他の個体にパルス音で伝えたりと、コミュニケーション能力は高く、人間のようないじめも行うこともわかっており、魚などを集団で噛み付き弱らせ弄んだ挙句食べずに捨てる、小さな同種のイルカや弱ったものを集団で噛み付くなどして、殺すなど集団的な暴行行為も行う。





pytalovd.com