お問合せ 削除依頼


画像クリックで原寸大表示
投稿日:2015/07/25 00:36

カツレツ

投稿者 [no name]      
投稿一覧

プロフィール


すべての投稿

トップページ


  

ツイッター、フェイスブックでログインする事により投稿できます



カツレツは、フランス料理のコートレット(cotelette)[1]であり、洋食(日本の料理)の一つともされている。
元々は、仔牛肉をスライスしたものに細かいパン粉をつけてフライパンなどで炒め焼きする料理であったが、豚肉など他の素材を使い同様に調理したり揚げ焼きしたりする料理も「カツレツ」と呼ぶ。

明治時代に日本に伝来したフランス料理のコートレット(cotelette、英語ではカットレット cutlet)を原型とする料理である。もともと仔牛肉をソテーするなど目の細かいパン粉をつけて少量の油で炒め焼きまたは揚げ焼きする料理であり、東京銀座の洋食店「煉瓦亭」などで提供されている「フランス料理」もしくは「洋食」である。
フランス料理のコートレットは、イタリア料理のコトレッタ(ミラノ風カツレツ)、ドイツ料理(ウィーン料理)のシュニッツェル、ロシア料理のコトレータなどとも関係がある。
呼称について[編集]

イタリアのコトレッタ
(ミラノ風カツレツ)
歴史的な記録としては、1860年(万延元年)に福澤諭吉が発表した『増訂華英通語』(広東語・英語対訳の単語集にカタカナで読みと訳語を書き加えたもの)に収載[2]に記載された「吉列 Cutlet コットレト」や「吉列鷄 Fowl cullets[3] フハヲル コルレッ」[1]が日本で最古のものであると考えられている。ただし、これらの語には訳語はつけられていない。「吉列」は広東語で「カッリッ」と読み、現在でも香港などでカツレツの訳語として使われている。
cutlet という単語は本来、単に肉の小片、あるいは各種の材料を混ぜ合わせて成型した食材を指すものであり、フランス料理においてはパン粉の衣をつけて油で揚げる調理法を意味するものではない(ただしイギリス料理では、薄切りの肉に小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて揚げたものを呼ぶ[4])。そのため諸外国ではオーブンで焼いたり衣をつけずに炒めるなどした肉料理が cutlet と呼ばれている場合もある。
外国人に説明する場合には、katsuretsu あるいは katsu という日本語を用いた方が早い場合がある。日本通の外国人の間では katsu という料理はよく知られており、海外の日本料理店でも katsu という日本語でメニューに載せている例は多い。





pytalovd.com