お問合せ 削除依頼


画像クリックで原寸大表示
投稿日:2015/07/23 11:24

ビックサイト

投稿者 [no name]      
投稿一覧

プロフィール


すべての投稿

トップページ


  

ツイッター、フェイスブックでログインする事により投稿できます



東京国際展示場(とうきょうこくさいてんじじょう)は、東京都江東区有明三丁目に所在し、株式会社東京ビッグサイトが運営するコンベンションセンター。運営会社名と同じ東京ビッグサイト(Tokyo Big Sight)の愛称で親しまれている。中央区晴海にあった東京国際見本市会場を1996年に移転し、現在の東京国際展示場となった。2015年現在、日本最大のコンベンションセンターである。

会議棟、東展示棟、西展示棟からなり、会議棟は独特のデザインをしていることで有名である。また、敷地内の巨大彫刻『Saw, Sawing(切っている鋸)』(クレス・オルデンバーグ&クージェ・ファン・ブリュッヘン作)も有名である。
住所:
会議棟:東京都江東区有明三丁目11番1号
西展示棟:同上
東展示棟:東京都江東区有明三丁目10番1号
設計: 株式会社佐藤総合計画
施工: 間組JV
竣工: 1995年10月
敷地面積: 24万3419 m2
延床面積: 23万0873 m2
総展示面積: 8万0660 m2 (東西合計、日本最大)
総工費: 1985億円 (用地費除く)
各棟・施設[編集]
会議棟
東・西展示棟をつなぐ中心施設。高層部の逆三角形の形態でシンボル的存在となっている。2階の正面玄関・エントランスホールから外に伸びるペデストリアンデッキは、国際展示場正門駅と有明客船ターミナル、そして国際展示場駅方面への緑道に接続する。1,000人を収容する国際会議場や、大小22の会議室と、商業施設があり、東展示棟へ通じる北コンコースにはレストラン街がある。
東展示棟
90m×90mのホールが3つずつ、計6つの展示ホールがガレリアをはさんで向かい合っている。各3つのホールは間仕切りを取り払い、連結することができる。ガレリアの2階にはレストランが並んでいる。エントランスホールからはやや距離があり、連絡通路にはオートウォークが設置されている。
西展示棟
1階と4階に2つずつ、計4つのホールがある。1階の各ホールはアトリウムを取り囲むようにL字型をしており、4階は2つのホールと屋上展示場が並ぶ。4階ホールへは1階アトリウムからのエスカレーターと2階エントランスホールからのエスカレーターが、4階屋上展示場へは外階段がある。1階には屋外展示場が隣接している。
レストラン・ショップ
レストランは東展示棟ガレリア2階に5店舗、西展示棟の2階から1階へ向かうエスカレーター脇に1店舗ある。会議棟内には8階に1店舗、西展示棟1階をでた会議棟真下にフードコートがあるほか、エントランスプラザとイベントプラザにカフェが各1店舗ある。
コンビニエンスストアはガレリアにファミリーマート、エントランスプラザにローソン、イベントプラザにセブン-イレブンが出店している。2003年のビッグサイト開業時はファミリーマートがイベントプラザ店、am/pmがエントランス店とガレリア店の2店という体制だったが、2010年にファミリーマートがエーエム・ピーエム・ジャパンを吸収合併したのに伴い、am/pm2店舗がファミリーマートに転換したため、3店舗全てがファミリーマートに統一、2015年4月までこの状態が続いた。その後2015年6月5日からエントランス店がローソンに、同年7月27日からイベントプラザ店がセブン-イレブンにそれぞれ転換している。なお、ファミリーマートガレリア店は営業を継続している[1]
このほかエントランスホールには大型荷物の預かりや館内及び周辺施設のレストラン・自動販売機で使える専用プリペイドカードの販売、来場記念土産の販売を行っているサービスコーナー、コピーやレンタルPCスペース、データ出力や名刺作成などビジネスサポートを行うビジター&ビジネスセンターが配置されている。
催事[編集]
下記に示すような多様な催しが開催され、国内のコンベンションセンターとしては、催事件数、来場者数共に群を抜いて多い。
全館を使用して開催されるイベント
東京モーターショー(国際モーターショー。総来場者数は同展示場最大)
コミックマーケット(通称コミケ。3日間開催で延べ50万人以上が来場し、1日あたりの来場者数は同展示場最大)
日本国際工作機械見本市(略称JIMTOF)
東京インターナショナル・ギフト・ショー(毎年2・9月の2回開催)
JAPAN IT WEEK春(日本最大のIT展示会。複数の専門展からなる総称)
スマートエネルギーWEEK
街づくり・流通ルネサンス(アジア最大級の流通業と店・街づくりに関する総合展示会)
その他の主な開催イベントとして、日本ホビーショー、東京モーターサイクルショー、AnimeJapan、東京国際ブックフェア、東京おもちゃショー、東京ビジネスサミット、ドールズパーティー、DreamParty、トレジャーフェスタ、アマチュア無線フェスティバル、国際鉄道模型コンベンション、グッドデザインエキスポ、エコプロダクツ、NEW環境展、国際宝飾展、国際ロボット展、国際福祉機器展、自動車部品生産システム展、世界旅行博、骨董ジャンボリー、デザインフェスタ、スーパーマーケット・トレードショー、東京キャンピングカーショー、閃光ライオットなどがある。
東京マラソンのゴール会場になっており、大会前日まで開催される東京マラソンEXPOの会場としても2008年より使用されている。表彰式はアトリウムで行われ、周囲に各企業や東京都のブースが設けられる。
世界5大モーターショーのひとつである東京モーターショーが2011年12月上旬に開催された。ビッグサイトの前身である東京国際見本市会場(晴海)で約30年間開催され、1987年の最後の開催から24年ぶりに東京へ戻った。
晴海会場に引き続き、首都圏で規模の大きい同人誌即売会のほとんどが開催されている。代表的なものとしては8月中旬と12月下旬に開催され、年間100万人以上を動員するコミックマーケットのほか、コミックシティ、COMIC1、コミティア、博麗神社例大祭などがある。
2007年度は、開業以来最多となる1288万人が来場し[2]、同年7月20日には、通算来場者数が1億人を突破した[3]。
2009年には日本武道館に代わり、日本テレビ系『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』のメイン会場として使用された。また、同年には同局系の年末大型音楽特番『ベストアーティスト』のメイン会場に使用されている。
2010年1月11日には同所初の格闘技興行としてプロボクシングダブル世界戦(大橋・ワタナベ両ジム主催)が開催された。9月25日にもWBA世界フライ級タイトルマッチ亀田大毅(亀田)VS坂田健史(協栄)が行われた。
2011年の、平成23年度東京消防庁出初式「広げよう地域の連携 高めよう防災力」(2011年1月6日開催)は、東駐車場がメイン会場となった。
2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場として[編集]
2020年に開催される第32回夏季オリンピック/第16回パラリンピックでは、メインプレスセンター(MPC)・国際放送センター(IBC)、オリンピックのレスリング・テコンドー・フェンシング、パラリンピックのボッチャ、パワーリフティング、パラテコンドーの競技会場として使用される予定となっていた。これに併せる形で、招致計画の立候補ファイルでは、現在屋外展示場等がある西展示棟の南側に延べ床面積44,000m2、3層階の新施設を増築するとしている[4]。2014年6月17日の東京都議会にて拡張計画を明らかにした。それによると屋外展示場がある西展示棟の南側に現行展示面積25%(2万m2)程の広さの新棟を増築することにした[5] 。今後、工期や費用、建物の構造など詳細を詰める。早くて2017年度にも着工する見通しで五輪の前までに完成。新棟は五輪の開催時、報道陣向けのプレスセンターとして活用。大会終了後は展示場などに転用する計画となっている[6][7]。また、計画では2019年7月から一部占有が始まり、2020年7月 - 9月のオリンピック・パラリンピック開催中は全館が使用される見通しである。
しかし、IOCからの指摘があり、2015年6月のIOC理事会でオリンピックのレスリング・テコンドー・フェンシング、パラリンピックのボッチャ、パワーリフティング、パラテコンドーの競技会場を千葉市の幕張メッセで開催されることが承認された。
一方で、大規模修繕や新展示棟建設工事、五輪開催等に伴い、展示棟の大部分が使用できなくなることから、その影響を最小限にするため、現在東展示場の臨時駐車場がある敷地に、延べ床面積20,000m2、展示面積16,000m2程度の仮設展示場の建設を計画している[8][9]。東京ビッグサイトが主体となって計画し、事業費は約100億円を見込み、デザインビルド方式で設計・施工業者を一括選定・発注し、2015年度に着工、2016年度に完成し、10年間程度の供用を予定している。
コンサートなど[編集]
海外のコンベンション施設と同様、展示会や見本市の開催が主であるが、稀にコンサート会場として利用されることもあり、この場合は東展示場のホールを単独で利用するか、東1-3と東4-6ホールを繋げて大規模アリーナホールとして利用する。
コンサートや握手会を行ったアーティスト
LUNA SEA - 1999年5月30日『LUNA SEA 10TH ANNIVERSARY GIG [NEVER SOLD OUT] CAPACITY ∞』(屋外特設ステージで約10万人を動員。本番3日前に強風により数十億円かけたステージセットが倒壊し、開催が危ぶまれた。)
L'Arc〜en〜Ciel - 1999年8月20日・21日(屋外特設ステージで2日間のべ約25万人を動員)、12月31日(東展示棟第4・5・6ホール)
EXILE - 2007年(番組の企画で岡村隆史が飛び入り参加)
渡辺美里 - 2008年
モーニング娘。 - 2003年(6期メンバー握手会)
the GazettE - 2009年
AKB48 - 2009年以降(シングル特典の個別握手会を度々開催している。)
SKE48 - 2011年(6枚目のシングルパレオはエメラルド通常盤全国握手会@東京会場の握手会会場となった。)
SDN48 - 2011年(3枚目のシングルMIN・MIN・MINの個別握手会の会場となった。)
Sexy Zone - 2011年(デビューイベント)
KARA - 2012年10月21日(日本7枚目のシングルエレクトリックボーイのハイタッチ会会場となった。)
ほか。
交通機関[編集]
鉄道[編集]
東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ) 国際展示場正門駅から徒歩3分。
東京臨海高速鉄道りんかい線 国際展示場駅から徒歩7分。
バス[編集]
「東京ビッグサイト」停留所
都営バス(一般路線)
都05:東京駅丸の内南口 - 有楽町駅 - 勝どき駅 - 東京ビッグサイト
東16:東京駅八重洲口 - 月島駅 - 豊洲駅 - 東京ビッグサイト
門19:門前仲町 - 豊洲駅 - 国際展示場駅 - 東京ビッグサイト
都営バス(イベント開催日運行の臨時系統)
国展01:東京駅八重洲口 - 豊洲駅 - 東京ビッグサイト(急行)
国展02:豊洲駅 - 東京ビッグサイト(急行)
(国展07):東京駅八重洲口 - 豊洲駅(ビッグサイト発のみ) - (無停車・有明北橋経由) - 東京ビッグサイト(急行)
(国展08):東京駅八重洲口 - (無停車・有明北橋経由) - 東京ビッグサイト(急行)
(国展07・08は帳簿上のもの。通常は国展01の行先表示で運転。)
ケイエム観光バス
kmフラワーバス:浜松町駅バスターミナル - お台場海浜公園駅 - 東京ビッグサイト - 国際展示場駅
直行:浜松町駅 - 東京ビッグサイト(急行)
京浜急行バス
羽田空港 - フジテレビ前 - ホテルグランパシフィック LE DAIBA - 東京テレポート駅 - パレットタウン前 - 東京ビッグサイト
横浜駅 (YCAT) - お台場海浜公園駅前 - フジテレビ前 - ホテルグランパシフィック LE DAIBA - パレットタウン前 - 東京ビッグサイト
東京空港交通
羽田空港 - ホテル日航東京 - ホテルグランパシフィック LE DAIBA - パレットタウン前(羽田空港発のみ) - 東京ビッグサイト - 国際展示場駅 - 東京ベイ有明ワシントンホテル - ホテルサンルート有明
一部、羽田空港 - パレットタウン前(羽田空港発のみ) - 東京ビッグサイト - 東京シティエアターミナル の系統も存在する。
<臨時系統>東京ビッグサイト - 新宿駅西口
※特定日のみ運行(運行日は東京空港交通ホームページなどで告知)。なお、新宿始発のみの運行のときと、東京ビッグサイト始発も運行されたときがある。
以前は都営バスの虹01・海01系統、日の丸自動車興業の無料循環バス「東京ベイシャトル」も乗り入れていた。
「国際展示場正門駅前」停留所
都営バス(土休日運転)
急行05:錦糸町駅 - 亀戸駅通り - 西大島駅 - 新木場駅 - 東京ビッグサイト東棟前 - 国際展示場正門駅前 - 日本科学未来館 (新木場駅 - 日本科学未来館間急行)
急行06:森下駅 - 清澄庭園 - 門前仲町 - 豊洲駅 - 国際展示場正門駅前 - パレットタウン - 日本科学未来館 (全区間急行、記載停留所のみ停車)
「東京ベイ有明ワシントンホテル」停留所
東京空港交通
成田国際空港(第三・第二・第一ターミナル)発着のお台場・竹芝地区系統の一部が経由する。
水上バス[編集]
有明客船ターミナル(「東京ビッグサイト」発着場)
東京都観光汽船
東京ビッグサイト・パレットタウンライン: 日の出桟橋 - 東京ビッグサイト - パレットタウン - 日の出桟橋
東京水辺ライン(土曜・休日は定期運航、平日は不定期運航)
TOKYOベイコース: 両国 - 越中島 - 明石町・聖路加ガーデン前 - お台場海浜公園 - 東京ビッグサイト - 葛西臨海公園
ビッグサイトカード[編集]
株式会社東京ビッグサイトの子会社の株式会社ビッグサイトサービスによりプリペイドカード「ビッグサイトカード」が発行されており、催事主催者によるノベルティなどとして利用されている。館内の飲食店・コンビニエンスストア・自動販売機の他、有明パークビル・東京ベイ有明ワシントンホテルの一部店舗で利用可能。1000円券と3000円券の2種類あり、有効期間は6か月。
イメージキャラクター[編集]
2011年にパリで開かれたJAPAN EXPOにおいて、宣伝広報特命担当として東京ビッグサイトのイメージキャラクターが発表されている。2012年6月に名前の公募が行われ[10]、同年9月に1,130案の中から決定した[11]。
七瀬葵がデザインした姉の「さいと みらい」と、いずみべるがデザインした妹の「さいと ゆめ」の2人で、いずれのキャラクターも会議棟の建物を模した髪飾りを身につけている。ビッグサイト内の売店ではこのキャラクターのオリジナルグッズを販売している。
エリア放送[編集]
東京ビッグサイトは地上一般放送局の免許を受けワンセグエリア放送を実施している。 [12]
免許人 局名 識別信号 物理チャンネル 周波数 空中線電力 ERP 業務区域
株式会社東京ビッグサイト 東京ビッグサイトコンコースエリア放送 JOXZ3BG-AREA 35ch 605.142857MHz 10mW 9.3mW 有明3丁目
東京ビッグサイト構内
東京ビッグサイトガレリアエリア放送 JOXZ3BH-AREA 10mW 3.7mW
東京ビッグサイトイーストプロムナードエリア放送 JOXZ3BI-AREA 10mW 9.6mW
フルセグ放送可能な帯域幅で免許されている。
初回免許年月日 平成25年3月1日
免許年月日   平成25年4月1日
免許の有効期限 平成30年3月31日





pytalovd.com