お問合せ 削除依頼


画像クリックで原寸大表示
投稿日:2015/07/17 14:13

おでん

投稿者 [no name]      
投稿一覧

プロフィール


すべての投稿

トップページ


  

ツイッター、フェイスブックでログインする事により投稿できます



家庭で料理することもさかんに行われている。料理番組などで、料理人などから、おいしいおでんにするためのコツや技のようなものが紹介されることがある。しばしば紹介されるコツのひとつは、さっと煮た後にいったん冷まして、その後ふたたび暖めると味がとてもよくしみこむ、というものである。鍋を蓋をした状態で屋外(マンションならばベランダ)などに置いて十分に冷やし(冬の外気は低く、30分ほどでだいたい冷える。外気温が十分に低いので、面倒ならば一晩放置しておいてもいたまない。冷蔵庫に入れたような状態になる。)、それを室内にとりこんで、また火で暖める、というものである。
NHKの『あさイチ』では、家庭でおでんを作る時の、食材ごとの下ごしらえのコツを数度ほど紹介したことがある。例えば、卵は、前日に「ゆで卵」と「だいこんおろし」をつくり、それらを一緒にポリ袋(zip袋など)に入れて一晩冷蔵庫内に置いておく、という技である。そうすると卵の表面(卵白)のたんぱく質が、だいこんおろしが自然に含む酵素によって適度に分解され、柔らかく仕上がり、煮込みによって味がしみこみやすくなる[17]。各食材ごとに、さまざまな技が紹介された[注 3]。
また、美味しいおでんスープを作る裏技として、オイスターソースを隠し味に使う(通常のつゆに加える)、というものがある。wikipediaより





pytalovd.com