お問合せ 削除依頼


画像クリックで原寸大表示
投稿日:2015/07/06 19:23

オアフ島

投稿者 [no name]      
投稿一覧

プロフィール


すべての投稿

トップページ


  

ツイッター、フェイスブックでログインする事により投稿できます



宗教[編集]

ハワイ州にある教会、1958年撮影
2000年時点で信徒が最も多い宗派はローマ・カトリックであり、240,813人である[61]。末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)の信者は2009年時点で68,128人だった。
2000年時点の宗派別信徒数は以下の通りである[62][63]。
キリスト教:351,000人 (28.9%)
仏教:110,000人 (9%)
ユダヤ教:10,000人 (0.8%)
その他:100,000人 (10%)
無宗派:650,000人 (51.1%)
その他の宗派としては、バハイ教、儒教、道教、ハワイ宗教、ヒンズー教、イスラム教、シーク教、神道、ゾロアスター教などがある。
無宗派には不可知論者、無神論者、人道主義者、不信仰者が含まれる。
政治と法律[編集]
州政府[編集]

ハワイ州議会議事堂、パンチボウル・クレーター縁から見下ろす
ハワイ州政府はハワイ王国時代にはイギリスの政治体制、その後ハワイ王国の転覆(Overthrow of the Kingdom of Hawaii)の頃から徐々にアメリカ合衆国連邦政府をモデルとしている。ハワイ州憲法に規定され、行政、立法および司法の三権が分離されている。
行政府は知事が指導し、副知事の補佐を受ける。どちらも組み合わされた候補者名簿から選出される。知事は州全体で選出される唯一の役人であり、他の役人は知事が指名する。副知事は州務長官を務める。知事と副知事は州議会議事堂にあるオフィスから20の機関を監督する。知事公邸はワシントン・パレスである。
立法府はハワイ州議会で、51人の議員から成る下院と25人の議員から成る上院の両院制である。州議会議事堂で審議を行っている。
司法府はハワイ州司法省である。その最高機関はハワイ州最高裁判所であり、アリイオラニ・ハレを審問に使っている。
現在の州知事は、民主党で日系のデービッド・イゲ(2014年11月 - )。同州の日系人知事は、ジョージ・アリヨシ氏(1974年 - 1986年)以来、2人目である。
日系約20万人、フィリピン系約17万人などアジア系住民が多い州であるため、州議会にもその住民構成は反映され、日系人の州議会議員も多く活躍している他、日系人の連邦議員もこれまでに数多く選出され続けてきている。
法律面では、州法で人種差別を禁止しており、アメリカの中でもアジア系を含めた非白人系の移民が多いことが窺い知れる。また、自然保護に関する法律は多いが、それを現実のものとするための資金が不足しているのも事実である。以前よりカジノ構想が議会で持ち上がり、資金不足の解消を試みるが、何度も可決されずに終わっている。現在の州法では一切のギャンブルが禁止されており、宝くじも販売されていない。そのためか、ハワイ州民の観光旅行先としてラスベガスは常に一番人気である。
現在、ハワイ州においては、死刑制度は廃止されている。
地方行政[編集]
ハワイ州特有の統治事情は自治体が無いことである。地域社会は全て郡のレベルで管理されている。唯一法人化された地域はホノルル統合市郡であり、オアフ島全体を統治している。郡の行政官は郡長(mayor、市長と同じ)と呼ばれ、全て無党派選挙で選ばれている。
ハワイ州には次の5郡が置かれている。
ハワイ郡 - ハワイ島全島
ホノルル市及びホノルル郡 - オアフ島及び北西ハワイ諸島
カラワオ郡 - モロカイ島のカラウパパ半島部(全米で最小の郡)
カウアイ郡 - カウアイ島及びニイハウ島
マウイ郡 - マウイ島、ラナイ島、カホオラウェ島各島全体、及びカラワオ郡を除くモロカイ島(同島の大部分)
連邦政府への代表[編集]
ハワイ州から連邦議会には上院議員2人、下院議員2人を送り込んでいる。2013年時点で4人全員が民主党員であり、さらにそのうち3人は女性である。
下院[編集]
州内のうち、ホノルルなどをオアフ島南東部を含む下院第1選挙区からは、前ハワイ州議会上院議員のコリーン・ハナブサが選出されている。ハナブサは、アバクロンビー現州知事の知事選出馬・下院議員辞職に伴って実施された2010年5月の補欠選挙では、同じく出馬を模索したエド・ケース元下院議員との候補統一に失敗し党内が分裂、ライバル共和党のチャールズ・ヂョウの前に苦杯を嘗めたが、同年11月の中間選挙では直前までの接戦観測を覆し、得票率にして6ポイントの差を付けてヂョウを破り、雪辱を果たした。2012年の選挙でも再選を果たし、現在2期目である。
州内の他の部分を含む下院第2選挙区からは、前ホノルル市議会議員のトゥルシ・ガダードが選出されている。ガダードは、上院に転出したメイジー・ヒロノに代わり、2012年11月6日の選挙に出馬・当選し、現在1期目である。ガダードは、連邦議会初のサモア系かつヒンドゥー教徒の議員である。また、ハワイ州の陸軍州兵としてイラクに従軍した経験があり、同じく2012年の選挙で初当選したタミー・ダックワースと並び、戦闘地域での任務経験がある女性連邦議会議員となっている。
上院[編集]
上院議員には、現在ブライアン・シャーツとメイジー・ヒロノの2人が選出されている。
ハワイ州では、日系のダニエル・イノウエが先任上院議員として、1963年1月3日から約50年にわたり同職を務めていた。イノウエは、2010年6月にはロバート・バード上院議員の死去に伴い上院の最先任上院議員となり、上院多数派の最長老に与えられるアメリカ合衆国上院仮議長を務めていたが、2012年12月17日に逝去した。2012年11月6日の選挙では、現職だったダニエル・アカカの引退に伴い後継として出馬した福島県生まれの日本人移民メイジー・ヒロノが当選し、イノウエ議員が存命であれば2013年1月からハワイ州の上院議員はすべて日系で占められるはずであったが、同議員逝去に伴い立ち消えとなった。
イノウエ議員の後継には、アバクロンビー州知事の下で副知事を務めていたブライアン・シャーツが指名され、2012年12月26日付で就任した。イノウエ議員の任期は本来2017年1月(2016年改選)までであったが、2014年の中間選挙にあわせて補欠選挙が実施されることになっている。
その他[編集]
ハワイ州にある連邦政府機関はアロハタワーとホノルル港に近いプリンス・クヒオ連邦政府ビルに入っている。同ビルには連邦捜査局(FBI)、国税庁(IRS)、およびアメリカ合衆国シークレットサービスが事務所を構えており、ハワイ州連邦地方裁判所やハワイ地区連邦検察局も入居している。
国政選挙[編集]
大統領選挙の結果
年 共和党 民主党
2008年 26.58% 120,446 71.85% 325,588
2004年 45.26% 194,191 54.01% 231,708
2000年 37.46% 137,845 55.79% 205,286
1996年 31.64% 113,943 56.93% 205,012
1992年 36.70% 136,822 48.09% 179,310
1988年 44.75% 158,625 54.27% 192,364
1984年 55.10% 185,050 43.82% 147,154
1980年 42.90% 130,112 44.80% 135,879
1976年 48.06% 140,003 50.59% 147,375
1972年 62.48% 168,865 37.52% 101,409
1968年 38.70% 91,425 59.83% 141,324
1964年 21.24% 44,022 78.76% 163,249
1960年 49.97% 92,295 50.03% 92,410
ハワイ州は直近12回のアメリカ合衆国大統領選挙のうち10回を民主党支持とした。共和党を支持したのは1972年(リチャード・ニクソンの2期目)と1984年(ロナルド・レーガンの2期目)である。2004年の場合、民主党候補のジョン・ケリーが有効投票総数の54%を得て、対立候補共和党のジョージ・W・ブッシュに9%と差を付けてハワイ州の選挙人4人を獲得した。州内5郡全てが民主党候補を支持した。1964年にはハワイ州生まれのハイラム・フォンが共和党候補者指名を求めた。また1972年には同じくパッチー・ミンクがオレゴン州予備選に出馬した。
ホノルル生まれの第44代アメリカ合衆国大統領バラク・オバマは、当時イリノイ州選出のアメリカ合衆国上院議員であり、2008年の選挙で大統領に当選した。2008年2月19日に開かれた民主党ハワイ州党員集会では76%の票を得て候補指名された。オバマは主要政党の候補者として指名を求めたハワイ出身者としては3人目であり、初の党指名候補になった





pytalovd.com